光源事業
省エネ事業

省エネ照明事業

CCFLの特徴

目にやさしいCCFL

ムラのない均一な配色(光の広がり)

自然に近い演色性(Ra:色の見え方)

太陽光Ra100とした場合、LEDは一般的にRa80未満の刺激の強い光を発し、
CCFLはRa82~86と、より自然の光に近く、刺激の少ないやさしい光を発します。

CCFL専用電子安定器

CCFLの使用には別途専用安定器が必要です。
専用安定器の取り付けは電気工事の有資格者にご依頼ください。
0℃以下及び高湿度環境の場合は安定器保護カバーが必要です。

■トラフ型

■逆富士型

■反射笠型

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました