導入事例
光源事業
省エネ事業

特定非営利活動法人 木曽川文化・スポーツクラブ 様

不特定多数の人が触るものだからこそ徹底的に

-今回導入に至った経緯を教えてください。

 当クラブは約1,000人の会員がいます。会員全員が一斉に集まることはありませんが、各競技で数十人が集まり、同じものを共有して使用するため感染症予防をどうしようかと考えておりました。当初はアルコール消毒でと考えておりましたが、毎回一つ一つふき取りを行わなければならない時間のことがあり悩んでいたところ、日本シン・光源さんのハンディ型のCCFL菌滅ライトを紹介され導入しました。

木曽川文化・スポーツクラブ様が導入したハンディ型(品番 : CCUV-1000S)
ハンディ型(品番 : CCUV-1000S)を使い念入りに滅菌

-どのようにご使用されておりますか?

 生徒が触るもの全ての器具の滅菌を行っております。ボールなどは数が多いので、感染症予防のため一つ一つのふき取りをしなければならないのかと悩んでおりましたが、ハンディ型のCCFL菌滅ライトで簡単に感染症予防が出来ています。

-導入後の状況はいかがですか?

 参加者よりも指導者からは「そんな感染症対策のランプがあるんですね。でも、これで安心できますね」と言われました。参加者は子どもが多いところで主に使用しているためまだ分かっていない感じでしたが、それでも説明をしたところ興味を示しておりました。これで今後も少しは安心して参加してくれるのではないかと思っております。

今回取材を行ったお客様のプロフィール

特定非営利活動法人 木曽川文化・スポーツクラブ

URL : https://k-csc.org

総合型地域スポーツクラブとし12種目のスポーツ教室、各競技のスポーツ大会、文化教室、イベント等の開催、運営をしている団体です。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました